野菜種類の向上ガイドライン

子どもたちには工夫して野菜を食べさせるように

主婦をしている女性ならば毎日料理をしていかなくてはいけませんが、なかなかメニューを考えていくのも面倒くさいものになってしまうでしょう。しかし、妥協していてはいけません。

成長期の子どもにはしっかりとしたものを食べさせなくてはいけませんし、好き嫌いが激しいとしても自由に育てすぎていると発育不良になってしまうということも考えられてしまいます。

身長の高さというのは遺伝もあるかもしれませんが、あまりにも偏食だと大きくなってから体調不良になってしまうということも予想されてしまうので、早めに打開策を打ち出しましょう。

やはりよく使われる方法ではありますけれども、苦手だといっている種類の野菜は細かく刻んで混ぜることによって違和感なく食べさせることができるので、積極的に使っていってください。

日常的に行っていくことによって、いつしか味に馴染んでしまって自発的に食べてくるということが予想できるので、毎日の調理に一手間を掛けるということは忘れないようにしましょう。

例えばピーマンなんかはどのような子どもでも嫌がる傾向にあるのですが、これにはきちんとした理由があるので、頭ごなしに叱って無理矢理に食べさせようとしないことが大事です。

子ども時代は舌の味蕾が未発達のためにピーマンに含まれているアルカロイドを毒として認識してしまって、苦みも大人より数倍として感じられています。自分の子どもの頃を思い出してみましょう。

無理強いしてしまったら苦手意識がどんどん強くなってきてしまうので、時には大らかな態度で接していくということも重要になります。アメとムチを使い分けるのも非常に大切ですからね。

小さい時には偏食家だったのに、大学生くらいになったら何でも食べるようになったということもあるので、子どもの好き嫌いに関してはあまり神経質にならないようにしていきましょう。

しかし、あまりにも放置してしまっていると野菜を全く食べない大人になってしまうことも予想できますし、適度にはコントロールしていくことを意識してみた方がいいかもしれませんね。